ディスプレイを彩る、什器通販ランキング

三角の画像

top > ディスプレイの什器について > 什器を選ぶときに気を付けること

什器を選ぶときに気を付けること

什器を選ぶ機会は、いつもイベントなどでレンタルするようなことがなければ、そんなにないはずです。
什器は、家具と異なり、陳列機能や陳列物、陳列量などが使用目的に合致していることが最優先で、そのあとに陳列コンセプトにあったテイストであるかなど素材やデザインが検討されるべきです。
一見、逆なようですが、デザインなどから入ると、必要な機能を満たさないものを選んでしまう可能性があるからです。
使用期間の長短に関わらず、また、面積に関わらず、図面に必ず落とし込んでおくことが大切です。
通路や客導線がきちんと確保されていなければいけません。
また、レイアウトが使用期間の間は変わらないのか、変わるのか、その頻度はどのくらいかも重要です。
レイアウトが変更されることが前提であれば、什器のサイズをある程度は統一するべきです。
最低でも縦横15cm、30cmなどの倍数で何種類かに統一されていれば、レイアウト変更が楽です。
くれぐれも、イメージだけで選ぶのは避けましょう。



店舗で使用する什器をなるべく安く購入する方法

店舗の商品を並べる時は什器を使うと数が多くても効率良く整理することができ、限られた場所を使って並べることができ効果的です。
商品はただ単に商品を並べていることだけで売れないため、特徴をアピールして興味を持ってもらう必要があります。
店舗は場所を広くすると場所代が高くなるため商品をうまく並べ、利用者に見やすくなるように配置を決めることが大事です。
什器は様々なタイプがあるため内容を比較して売り場を作れるように決め、利用者にわかりやすくすると購入機会を増やせるため効果があります。
種類ごとの特徴を比較する時は通販サイトを利用すると写真を見てイメージでき、利用者が買いたい商品を探しやすくなるように決めると便利です。
店舗で使用する什器をなるべく安く購入する方法は格安通販を利用し、必要な数量を確かめてまとめて注文すると有意義に使えます。



店舗をオープンさせるために必要な什器

什器という言葉はあまり日常では聞き慣れないワードかもしれません。
それもそのはず、このワードは、店舗における商用の器材全般のことを指してこう呼んでいますので関係者でなければ、あまり関わりのない言葉かもしれません。
また辞書によると、日常、家庭で使う道具類という風に書かれてありますが、その割には一般的には浸透していません。
この言葉を使うのは一般的には、飲食店やお店などにおいてです。
陳列するための棚などのディスプレイするためのものを指している場合が多いです。
シェルフやラックなども当てはまります。
それが始まりとなり、今では飲食店に限らずお店などで必要になってくる機器類や、機材のことも含めてこう呼ばれるようになっています。
具体的に言うと、冷蔵庫や、カウンター、テーブル、椅子なども什器と呼びますし、小型の調理機器も含められて呼ばれています。
店舗をオープンさせるにあたって欠かせないものと言えるでしょう。

次の記事へ